蘭プライムギフト
胡蝶蘭NOTE/お役立ち情報

胡蝶蘭の水の与え方

フレグランス
フレグランス
胡蝶蘭は東南アジア原産の植物です。湿潤な熱帯雨林の樹木の皮や樹皮に根を張って育つ着生植物で、空気中に晒されている根と葉から、自然の雨や霧などの水分を摂っているのです。

 

蘭丸
蘭丸
着生ランは樹木に根を這わせながらも、樹木の栄養ではなく空気中の雨や霧などの水分を吸収して育つのですね。あっ!だから土に植えられていないのですね?

 

フレグランス
フレグランス
そうそう!そうなんです。樹木に根を張ってそこから水や養分を吸い上げるのではなくって、あくまでも樹木に着生する。つまりちょっと住みやすい環境をお借りしている。そんな風に考えればいいんですよ。胡蝶蘭の鉢を観察してみましょう!

化粧鉢の中身を分解すると3つのポットに分かれています。3つのポットとは、つまり3本立ちの胡蝶蘭です。ポットの表面と根は軽くミズゴケでカバーされている程度。土に植え付けられるようなことはありません。これが胡蝶蘭の鉢のなかみです。それ以外は発泡スチロールです。

花咲 蘭
花咲 蘭
え?これだけ?
フレグランス
フレグランス
はい

 

着生ランの特徴としては、

  • 樹木の表面に根を張り巡らせ、空気中の水分を吸収して育つ
  • 樹木の養分は吸収しないので、寄生ではない
  • 水分の蒸発を抑えるため、夜間に光合成を行う
  • 水分や養分を蓄えるために、葉は肉厚であることが多い

 

胡蝶蘭の葉をご覧になられた方ならその葉の特徴として、とても肉厚であるのに気が付いたと思いますが、この葉の中に水分や養分を貯めているのです。これは多肉植物とほぼ同じ。とても乾燥に強いと言う一面があります。

着生ランは樹木に根を這わせながらも、樹木の栄養ではなく空気中の雨や霧などの水分を吸収して育ちます。そして、水分の蒸発を最小限に抑えようと光合成のタイミングを変え、大切な養分を蓄えられるように葉の形状を変えてきました。これはつまり、わずかな水分でも生育できるということです。

これらのことから、胡蝶蘭を管理するために必要なことは、

水のあげ方に十分注意する

ことが大切になってくるのです。

花咲 蘭
花咲 蘭
なるほど、なるほど

胡蝶蘭の水やりの基本

乾燥に強い胡蝶蘭ですが、まったく水をあげないと言う訳ではありません。しかし水をあげすぎると根腐れを起こすなど、病気になってしまい植物にダメージを与える結果となってしまいます。

お水をあげる匙加減さえわかれば、胡蝶蘭という植物は手間のかからないお花で大変育てやすい植物ですので、是非参考にしてみてください!

季節により水やりの間隔には注意が必要ですが、基本的な水やり方法を記載します。

胡蝶蘭の水やり
  • 1週間から10日に一度程度。各株に(3本立ちなら3株ごとに)コップ一杯程度【120~150CC】をあげます
  • 鉢皿に貯まった水は捨てましょう!
  • 午前中の暖かい時間帯に室温と同程度の水温の水をあげます
  • 乾燥がひどい場合は少し頻度を上げることもありますが、鉢の表面のミズゴケが湿っているようならその必要はありません
  • 冬場は特に水やりは注意が必要です。鉢が湿っている状態で気温の著しい低下が見込まれる場合は水やりは控えましょう。とくに凍害と言って凍結しまうと相当のダメージを受けてしまいます
  • 綺麗にラッピングされた胡蝶蘭ですが、ラッピング紙の種類によっては過剰に湿度を保ってしまう場合があるので外した方がよいでしょう!

胡蝶蘭は乾燥に強く頑丈な植物である一方で、水を与えすぎると根を腐らせてしまい植物に相当なダメージを与えてしまうので、水やりには注意が必要です。

また置き場所にも注意が必要、これらは胡蝶蘭の原産地を理解することでこの植物の適切な管理方法が見えてきますので是非参考ににしてください。

 

蘭プライムギフトSTORE 厳選胡蝶蘭ギフト

最高のプレミアムギフト胡蝶蘭をナビゲート

贈る側 貰う側にとってが理想的な胡蝶蘭ギフト

胡蝶蘭を販売するサイトはあふれていますが

真に価値ある胡蝶蘭のギフトだけをナビゲートしています!

「幸せが飛んでくる」

胡蝶蘭にはそんな花言葉が

満足のいく胡蝶蘭選びにお役立ていただけますように!

蘭プライムギフトSTORE;管理者

現役のフラワーデザイナーが運営するフラワーナビゲーションサイトです。長年花キューピット・eフローラ等の加盟店を経営。フラワーギフト・ビジネス関連には精通しています。その経験をもとに花贈りに役立つ情報や価値あるお花の世界感・お花を扱うプロとして惜しげもなく有益な花情報を発信するサイトです。ギフトナビゲーションはプロの視点を活かし、少しでも皆様の役に立てるよう随時更新しています。

関連記事
RELATED POST